『平和研究』

 

日本平和学会『平和研究』投稿規程・執筆要領

 

『平和研究』バックナンバーの一部は、以下でお買い求めいただけます。

 

1Amazon.co.jp

 

2)春季研究大会・秋季研究集会

 

下記号数をクリックして、各号の目次を参照いただけます。

52号:【平和教育といのち】(2019年8月刊)

51号:【平和と音】(2019年6月刊)

50号:【平和研究と憲法】(2018年12月刊)

49号【信仰と平和】(2018年6月刊)

48号【科学技術の暴力】(2018年4月刊)

47号:【脱植民地化のための平和学】(2016年11月刊)

46号 : 【東アジアの平和の再創造】(2016年7月刊)
45号 : 【「積極的平和」とは何か】(2015年11月刊)

44号 : 【地域・草の根から生まれる平和】(2015年4月刊)
43号 : 【「安全保障」を問い直す】(2014年10月刊)

42号 : 平和の主体論】(2014年7月刊)

41 : 【戦争と平和の法的構想】(201310月刊)

40 : 【「311」後の平和学】(20139月刊)

39 : 【平和の再定義】(201210月刊)

38 : 【体制移行期の人権回復と正義】(20124月刊)

37 : 【世界で最も貧しくあるということ】(201110月刊)

36 : 【グローバルな倫理】(20115月刊)

35 : 【「核なき世界」に向けて】(201011月刊)

34 : 【アジアにおける人権と平和】(200911月刊)

33 : 【国際機構と平和】(200811月刊)

32 : 【スピリチュアリティと平和】(200711月刊)

31 : 【グローバル化と社会的『弱者』】(200611月刊)

30 : 【人道支援と平和構築】(200511月刊)

29 : 【芸術と平和】(200411月刊)

28 : 【世界政府の展望】(200311月刊)

27 : 【「人間の安全保障」論の再検討】(200211月刊)

26 : 【新世紀の平和研究】(200111月刊)

25 : 20世紀の戦争と平和】(200011月刊)

24 : 【いま日本の『国際貢献』を問う】(199911月刊)

23 : 【再び自律と平和 沖縄が提起する問題】(199811月刊)

22 : 【地球市民社会の安全保障】(199711月刊)

21 : 【「持続可能な発展」と日本の選択】(1996年刊)

20 : 21世紀へのオールタナティブ平和秩序を求めて】(19966月刊)

19 : Peaceful Change―平和的変革へ】(19956月刊)

18 : 【冷戦後の平和研究】(199311月刊)

17 : 【自治体の平和外交】(199211月刊)

16 : 【グローバルデモクラシー】(199110月刊)

15 : 【科学と平和】(199011月刊)

14 : 【言語政治学と平和の課題】(198911月刊)

13 : 1988 11月刊)

12 : 【エスニシティと平和】(198711月刊)

11 : 【日本型管理社会と労働】(198611月刊)

10 : 【日本の平和保障を求めて】(198511月刊)

9 : 【ヒロシマ・ナガサキと平和秩序の探求】(198411月刊)

8 : 【新国際軍事秩序を解剖する】(198311月刊)

7 : 【生活様式と平和】(198211月刊)

6 : 【国際紛争の構造と解決】(19825月刊)

5 : 【現代日本の平和保障】(19809月刊)

4 : 【平和運動の理論と行動】(19796月刊)

3 : 【日本国憲法 国内体制と平和】(19785月刊)

2 : 【平和価値と平和教育】(19774月刊)

1 : 【平和研究の方法】(19763月刊)


最新号:平和教育といのち(第52号)

平和教育といのち(平和研究第52号)

http://www.waseda-up.co.jp/series03/post-780.html

 

巻頭言

いのちの胎動をとらえる学び  阿知良洋平

 

●依頼論文

1 米国の核言説と被ばくの不可視化

  核大国とはヒバク国  田井中雅人

2 ヘイトスピーチをめぐり対話を深める日本・在日・韓国の高校生

  地域に根差した平和学習交流20年  小田切督剛

3 体験的沖縄戦後史

  生徒共に占領下の理不尽に抗したころ  平良宗潤

 

●特  集

平和教育プロジェクト委員会  委員長 高部優子(23期)暉峻僚三(22期)・奥本京子(21期)

平和教育分科会活動報告  杉田明宏

 

●投稿論文

4 政策効果論なき政策論争を超える道

  自衛隊と集団安全保障をめぐる潜在的論点  中村長史

5 人道支援の政治化の抑止

  国連ソマリア支援ミッションを事例に  新沼 剛

6 トルコへの原発輸出に対する反対派の反応

  反原発運動参加者への聞き取り調査から  森山拓也

 

●書  評

「大学教育」が拓く平和の学びの未来  吉田直子

  「特集 大学の平和教育」日本科学者会議編『日本の科学者』2018年1月号

 

日本平和学会の研究会活動  日本平和学会事務局

SUMMARY

編集後記

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第23期役員

日本平和学会会則