日本平和学会『平和研究』投稿規程

ダウンロード
投稿規程.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 42.5 KB

(1) 『平和研究』への論文投稿は、その著者が日本平和学会員であることを条件とする。


(2) 前項の規定にかかわらず、非会員であっても、投稿申込の以前に入会申込書が学会事務局によって不備がないものとして受理されていれば、その投稿申込を認めることとする。その入会申込が理事会または総会で承認された後、会費納入が確認された上で、投稿論文を正式に受理することを原則とする。


(3) 会員に広く執筆機会を提供するために、投稿を希望する号より前の3号に(投稿または依頼)論文が掲載されている会員については、投稿資格は認められない。ただし、書評や巻頭言はこの規定の適用範囲に含めない。


2014年11月8日総会承認

日本平和学会『平和研究』論文執筆要領

ダウンロード
論文執筆要領(改訂版).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 196.5 KB

①字数上限は 1 万 6000 字を厳守する(注も図表も字数として算入する。1/2 頁図版で 450 字、1 頁図版で 900 字と換算する)。 

 

②書式は A4縦置き横印字とし、40 字×30 行とする。 

 

③論文タイトルは 20 文字以内を目安とし、なるべく簡潔なものにする。 

 

④図表・写真は本文原稿と切り離して提出し、挿入箇所を本文原稿に指示する。出所を明記し、転載許可の承諾を得る必要のある場合は、執筆者の責任において行う。 

 

⑤掲載決定後、論文の英文題目、著者名の英語表記、300 ワードの英文要約を提出する。 

 

⑥各論文内の構成は、節・款・項を基本とし、番号は次のようにつける。

節 1. (はじめにとおわりにも節扱いとするが、番号は不要)

款 1 

項 (1) 

 

⑦罫線、特殊記号、外字は使用しない。強調が必要なときは、原則としてボールド(太字)を用い、傍点など他の強調方法と併用しない。 

 

⑧常用漢字と新仮名遣いの「である」調とし、読者が読みやすいような記述を心がける。 

 

⑨副詞・接続詞はできるだけひらがな表記とする。 

 

⑩数字は、1億 2345 万 6789 円、11 世紀、1996 年1月 20 日のように記す。単位は、メートル、トン、キログラムなど、できるだけカタカナ表記にする 

 

⑪外国人名は以下のように表記する。 

チャールズ・E.オスグット (Charles E. Osgood)→2回目以降:オスグッド

ロバート・リフトン (Robert Jay Lifton)→2回目以降:リフトン 

 

⑫引用表示は、該当箇所の文末に(  )で著者・編者姓、[出版年]、必要に応じ頁数を示し、論文末に引用文献の一覧を載せる。この一覧は日本語文献、次いで英語文献などの順に置く。但し、この引用表示の方法が用いにくい領域の論文においては、この限りではない。 

例 (鈴木[1998] 23 頁) 

    (Suzuki[1996] pp.164-188) 

        (マリノフスキー[1993] 586 頁) 

なお、執筆者自身の著作の引用の際に、拙稿(あるいは拙著)と記す慣行もあるが、基本的に採用しない。 

 

⑬引用文献一覧における表記は、以下の例のように行う。

邦文単行本:加納貞彦・本間勝・石戸充編[2010],『平和と国際情報通信』早稲田大学出版部。 

邦文論文: 荒川康[2010],「霞ヶ浦における三つの開発の型」鳥越皓之編著『霞ケ浦の環境と水辺の暮らし――パートナーシップ的発展論の可能性』早稲田大学学術叢書6、早稲田大学出版部。

山本草二[1968],「企業の国際化と国際法の機能」『政治経済論叢』(成蹊大学)17 巻 3・4 号。 

欧文単行本:OECD [1972], The Industrial Policy of Japan, Paris: OECD. 

Baumol, W. and A. Blindor [1988], Economics: Principles and Policy, 4th ed., San Diego: Harcourt Brace Javanovitch. 

省略形は(Baumol and Blindor [1988] p.277) 

翻訳: Chandler, Alfred D. Jr. [1990], Scale and Scope:Dynamics of Industrial Capitalism, Cambridge: Harvard University Press.(安部悦生・川辺信雄・工藤章他訳[1993],『スケール・アンド・スコープ--経営力発展の国際比較』有斐閣。) 

省略形は(チャンドラー[1993] ***頁) 

欧文論文: Arrow, K.J. [1962], "The Economic Implications of Learning by Doing," Review of Economic Studies, 29. 

 

⑭引用表記と別途に解説のための注を振りたい場合は、算用数字で該当箇所を表記し、引用文献一覧の前に注記を並べる。 

 

⑮謝辞・付記などは、【付記】として、本文の後、注や引用文献一覧の前に置く。 

 

⑯論文末に所属・専門を以下のように表記する。  

一般会員の場合は [○○大学 = △△学]     

学生会員の場合は [○○大学大学院生 = △△研究] 

 

⑰投稿論文の投稿時には、謝辞や引用などで執筆者が特定できるような表示を避ける。 

 

付則:論文執筆要領は 2013 年 1 月 1 日に発効することとし,『平和研究』第 41 号より適用する。2015年1月25日第④項修正。 

 

(以上)