国際交流

第23期国際交流委員会 活動の記録

*「第3回日中平和学対話」(2019年2月大阪・京都にて実施)

*上記の対話についての報告部会(2019年6月春季研究大会にて実施)

ダウンロード
奥本京子(大阪女学院大学)2019年春季研究大会 国際交流委員会企画 部会2 報
PDFファイル 426.7 KB
ダウンロード
佐々木寛(新潟国際情報大学)「日中協働による<平和学>構築の可能性――酒井直樹論
PDFファイル 333.2 KB
ダウンロード
加治宏基(愛知大学)「日本の修正主義――その“修正”にむけた3つの論点」.pdf
PDFファイル 492.2 KB
ダウンロード
君島東彦(立命館大学)「思想的実践的課題としての東アジアの平和――日本国憲法の東
PDFファイル 199.7 KB
ダウンロード
報告部会上映用ppt(プログラム+写真等).pdf
PDFファイル 6.0 MB

第3回日中平和学対話 基調講演

<学会員も含め、一般公開です。どうぞご参加ください>

 

タイトル: 「下請けの帝国━━ひきこもりの国民主義と内向する社会」

講師: 酒井直樹氏(コーネル大学教授)

日時: 2019年2月21日(木)9:30〜12:30

会場: 立命館大学 大阪いばらきキャンパス

    C棟3F、C373教室

敗戦後日本はパックス・アメリカーナに組み込まれて、米国の世界支配の「下請けの帝国」となりました。戦後日本は米国との関係においては従属的な地位にありますが、旧植民地・支配地域への優越感・差別意識を保持し続けて、帝国意識を残存させてきました。しかし、パックス・アメリカーナの衰退期・黄昏期を迎え、東アジアのパワーシフト(日中の国力の逆転、他のアジア諸国の台頭)に直面しているいま、日本人の帝国意識は「ひきこもり」(現実逃避の自己賛美)と「排外主義」(ヘイトスピーチ)に向かっています。この精神構造の分析と、それを克服するための方向性について、酒井氏に語っていただきます。酒井氏の問題提起を受けて、中国の研究者とともに、米国・日本・東アジアの関係について議論したいと思います。

 

講師プロフィール:

さかい なおき。1946年生まれ。東京大学文学部卒業、シカゴ大学で博士号を取得。現在、コーネル大学人文学部教授。専門は日本思想史。日本語の著作として、『希望と憲法━━日本国憲法の発話主体と応答』(以文社、2008年)、『死産される日本語・日本人━━「日本」の歴史-地政的配置』(講談社学術文庫、2015年)、『ひきこもりの国民主義』(岩波書店、2017年)等。

ダウンロード
第3回日中平和学対話.pdf
PDFファイル 644.1 KB

2018年IPRA(国際平和研究学会)大会

研究大会案内は以下をご覧ください。

ダウンロード
IPRA Conference leaflet 1.pdf
PDFファイル 401.7 KB

プログラムについては以下をご覧ください。

ダウンロード
IPRA conferenece leaflet 2.pdf
PDFファイル 324.3 KB

2018年中国・チャハル学会高野山フィールド・ツアー報告

ダウンロード
高野山ツアー報告書 final.pdf
PDFファイル 280.9 KB

IPRA(国際平和研究学会)報告

2018年IPRA参加報告

2018年11月24~28日、インド・アーメダバードにて、国際平和研究学会(International Peace Research Association, IPRA)大会が開催された。日本平和学会からは、数人の会員が参加したとのことであったが、国際交流委員会からの依頼に応え、うち三人の会員から報告書が寄せられた。多忙な中、報告文書を執筆下さった石井一也会員、室井美稚子会員、米川正子会員に感謝したい。また、委員会としては、今後、2年に1度開催されるIPRA大会への参加を検討する会員が、これらの報告書を参考にされることを期待するところである。

ダウンロード
2018 IPRA 報告 HP掲載用 加筆・最終版.pdf
PDFファイル 444.9 KB

国際平和研究学会(IPRA: International Peace Research Association)2016 年大会(フリータウン・シエラレオネ)参加報告

日本平和学会国際交流委員会編

児玉克哉

篠田英朗

今野泰三

ダウンロード
IPRA2016参加報告集.pdf
PDFファイル 2.6 MB

IPRA(国際平和研究学会)第25回大会参加報告(2014年8月、トルコ、イスタンブール)

古沢希代子(日本平和学会国際交流委員長)

掲載順・専門分野別

ガンジー研究(石井)

紛争(米川、松野、古沢)

原発(安部、吉井)

平和教育(野島、室井、山根)

ダウンロード
IPRA報告.pdf
PDFファイル 2.3 MB

APPRA(アジア太平洋平和研究学会)報告

アジア太平洋平和研究学会(APPRA: Asia-Pacific Peace Research Association)2017 年大会参加報告

ダウンロード
APPRA2017参加報告集.pdf
PDFファイル 2.1 MB

APPRA(The Asia-Pacific Peace Research Association)研究大会(2015年10月9-11日、ネパール、カトマンドウ)

・ネパールにおけるアジア太平洋平和研究学会大会に参加して 

 山根和代(立命館大学)

 ネパールのカトマンドウで、アジア太平洋平和研究学会大会が10月9日から11日までありました。テーマは、‘Pathways towards Just Peace: Reinventing security, justice and democracy in Asia-Pacific’でした。45カ国から165名の参加者がありました。参加者の報告のテーマは様々で、次のような内容のトピックでした。peace policy, governance, histories of cultural peace, Asia-Pacific regional conflicts, religion and spirituality, non-violent action, natural disaster and recovery, migration, human security, the ecology of peace, peace theory, climate change, resource management, gender issues, ethnic conflicts, the arts, media and technology. 大会では、様々な問題に関する情報や考えの交流だけでなく、今後平和研究をしていく上で協力をしていくための交流ができました。詳細は次のHPに載っています。

http://appra.net/appra-conference-2015/appra-conference-2015-event-report/#sthash.YIcsRS9H.dpuf

 大会に参加した時の記録をもとに、参加した時の状況をお知らせします。

 

10月8日の夜中に関空を出発して、約五時間でタイのバンコクへ行きました。空港で約6時間乗り換え時間があり、その後3時間半かけてネパールのカトマンドウへ。到着しても約束していた旅行会社の方がいなくて、1時間後にやっと出会いました。他の人と満員のマイクロバスでホテルへ移動しましたが、ひどいガソリン不足でバスの屋根の上にも人が乗っていて驚きました。大地震の影響でまだ瓦礫があり、道路は舗装されていなくて、まだまだ復興の途上であるという印象を持ちました。3時半にホテルへ車が来ると言っていましたが、車が来たのは何と5時半で、ネパールタイムのようでした。歓迎の挨拶には平和・復興大臣が来られましたが、遅れて参加したのでほとんど聞くことができませんでした。しかし平和・復興大臣というのは、おもしろいと思いました。歓迎パーティではネパールの音楽やダンスがあり、仏教国なのでダンスの中にお坊さんが出てきて興味深く思いました。旧友との出会い、新たにできた知人とのおしゃべりを楽しむことができました。

しかし停電があるため、ホテルにはろうそくとマッチが用意されていました。なぜガソリン不足かというと、新憲法が制定されたものの、インドに近い所に住むネパール人の権利が保障されていないということで、インドからガソリンが入らないように妨害したからです。教え子の女性がネパールの非政府組織で仕事をしていたので、大会の会議場に会いに来る予定でしたが、タクシーに乗ろうとしてもタクシーのガソリン不足でとうとう会うことができませんでした。

大会の途中でも停電になり、それでも報告を続けているとまた電気がつくという状況でした。ホテルでシャワーを使おうとしてもなかなかお湯がでないので、ホテルのフロント担当の人に聞くと、五分位水を出していたらお湯がでるとのことでした。確かにその通りで、改めて驚きました。日本を基準に考えてはいけないと考えさせられました。

私はウェブスター大学のロイ・タマシロ教授とハワイ大学のジニー・ラム教授といっしょにパネリストとして、平和教育をテーマに研究発表をしました。また平和のための博物館を通した平和教育についても報告をしました。他の研究者の報告をいろいろ聞きましたが、多くのこと学び、新たに研究者と出会うことができて幸いでした。

例えばインドネシアの研究者は、多くの人々の力で軍人ではなく庶民的な大統領を選出したことを報告していました。また同じくインドネシアの別の研究者は、漁師がオーストラリア付近で漁をすると逮捕されて船が焼かれ、訴訟を起こして補償をしてもらったなどの報告がありました。この報告を聞いていて、尖閣諸島付近での漁の問題、またソマリア付近で他の国の船が大量に漁をしたためにソマリアの漁師が困り、海賊になったことを思い出しました。国際協定で海域の境界線を引くという問題があり、どう解決をすべきなのかなどの報告でした。

結局ガソリン不足でカトマンドウ空港と会議場しか行くことができませんでしたが、帰りに空港へ行く際に、運転手が気を利かして空港近くの市場へ連れて行ってくれました。主に仏教、ヒンズー教に関するものが多くて何も買いませんでしたが、インドの研究者は喜んでいろいろ買っていました。航空機はタイ航空を利用しましたが、大きなジャンボ機でした。タイの研究者にそれほど多くの人がなぜネパールへ行くのか聞いてみました。タイも仏教国なので、ネパールのブッダが生まれたところやお寺に行く人が結構いるそうです。

ネパールの食事はカレーが使われていることが多く、ある時緑の豆かと思って食べてみると、口の中が火事になったくらい熱くなって大変でした。その後はその緑の唐辛子は注意して食べないことにしました。しかしとても辛い料理を平気で食べる人がいたので、驚いた次第です。

ネパールでは1時間遅れても、特に異常ではないようです。日本では2分列車が遅れると、「申し訳ありません」とアナウンスがありますが、2分どころか2時間遅れてもどうということはないようです。9時に研究発表で8時にホテルに車が来る予定でしたが、8時半になっても来ず、電話をすると5分後に行くとのことでした。しかしその後あと15分で行くと連絡があり、結局9時開始の大会に遅れてしまいました。幸いもう一人の研究者が報告を始めてくれていたので何とかなりましたが、司会者も遅れてきたそうで、これまた驚きました。帰国する前日に旅行会社の人から「予定した時間より30分遅れたらどうしますか」という質問がありました。「もうネパールタイムに慣れました」と答えると笑っていました。時間を正確に守ろうとするのは日本人とドイツ人くらいのもので、その他の国はそれほど時間を気にしないとタイの研究者が指摘していました。そんな話を聞いていると、何だか日本の方が「異常」なのかと思い始めたので不思議です。

その旅行会社では、ヒマラヤの近くの人々が栽培したお茶などを売っていたので、購入しました。かなり時間にルーズなので最初はあまり良い印象を持っていませんでしたが、村人の生活が良くなるような取り組みもしていて、感心しました。

いろいろハプニングがありましたが、分科会が同時に進行して参加できない報告を、大会でもらったUSBのデータで読むことができ幸いでした。もしデータを入手したい方がいらっしゃいましたら、日本平和学会大会に参加した際に声をかけて下さい。その際USBを持参されることをお勧めします。

 

 

ダウンロード
APPRA2015report_Yamane.pdf
PDFファイル 172.5 KB

APPRA(The Asia-Pacific Peace Research Association)研究大会(2013年11月12-14日、タイ、バンコク)

・APPRA大会に参加して(2001〜2013年) 

 山根和代(立命館大学)

・アジア太平洋平和研究学会(APPRA)研究大会(11月12-14日)に参加して 

 淺川和也(東海学園大学)

ダウンロード
APPRA2013report_Yamane.pdf
PDFファイル 430.6 KB
ダウンロード
APPRA2013report_Asakawa.pdf
PDFファイル 138.2 KB

日本平和学会国際交流委員会企画

セミナー「スウェーデンの平等オンブズマン制度について」

ゲスト:ポール・ラッパライネンさん

司   会・古沢希代子(東京女子大)

コメンテーター・金朋央(きむ・ぷんあん)

   在日コリアン青年連合共同代表

主   催・日本平和学会国際交流委員会

後   援・大阪大学大学院国際公共政策研究科

日   時:2015年2月24日(火)15:00-17:00

場   所:大阪大学東京オフィス多目的室

(東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階)

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/academics/facilities/tokyo/office

参加費:無料(要参加申込み

講演は英語、日本語逐次通訳あり

 

スウェーデンの平等オンブズマンは、2009年に設立された政府機関で、それまで異なる分野の差別問題を扱っていた機関を一本化してできあがった。ジェン ダー、民族・宗教、障害者、性的志向による差別等を対象に、「差別法」の理解普及を主たる活動とし、苦情申し立てを受け付け、それを調査したり、裁判にお いて被害者を代弁したりする。また、育児休暇の取得に関しては労働者が育児休暇をとることによって不利とされないよう、苦情申し立てを受けて調査を行う。 しかし、警察や司法機関のように強制措置をとる権限はなく、また原告となることもできない。セミナーでは、スウェーデンの差別問題の現状とそれへの政府・ 社会の対応、とくに平等オンブズマンについて詳しく話を聞く。

 

参加申込みはお名前、ご所属を添えて、下記メールアドレスへお願いします。

日本平和学会国際交流委員会本企画担当(松野明久/大阪大)

matsuno[@]osipp.osaka-u.ac.jp