執行部より

事務局長:清水奈名子

学会では随時会員を募集しています。ホームページ「本学会について」→「入会案内」をご覧ください。年2回の研究大会・集会、地区研究会、学会誌等、会員の発表機会を多く設けており、学生には会費割引もあります。

副会長:ロニーアレキサンダー

様々な立場、専門分野、属性、感性、経験などの人が集まり、お互いを尊重しつつ熱心に議論し、様々な表現や方法で平和を追求できる場所。誰もが安心できる場所。平和を愛する人も、平和を創造したい人も、平和について学びたい人も、研究したい人も平和のために行動したい人もいる場所。それが平和学会だといいですね。

企画委員長:佐伯奈津子

人が平和や権利・自由を追求する取り組みすらも批判にさらされている世界の現状に、平和学会はどう向き合っていけばいいのか。困難な状況におかれている人びととつながり、厳しい現実を見据えながらも、希望の光を見いだせる企画を考えたいです。

企画副委員長:佐藤史郎

最近の研究大会や研究集会では、院生・若手研究者の参加者が少ない。年月が経つにつれて、ますます少なくなっている。そのため、一人でも多くの院生・若手研究者が登壇できるような企画を考えていきたい。

編集委員長:浪岡新太郎

編集委員会は、年二回刊行の学会誌『平和研究』の編集作業を担当しています。取り組んでほしい特集や学会誌のあり方についてのご意見がありましたら、遠慮なく、お寄せください。また、投稿論文も募集しています。

広報委員長:竹峰誠一郎

デザインを一新し「日本平和学会研究大会・研究集会記録」を発行します。ぜひ活用ください。平和学会内で「若手および非正規雇用研究者問題を考える」場を作り、出版関係者らとの新たな連携にも取り組みます。

国際交流委員長:奥本京子

第23期は、東アジア交流に力を入れています。2019年2月には「日中平和学対話」を、中国の平和学関連領域の研究者とともに行いました。同年6月22日には、福島大学春季研究大会にて報告部会を持ちます。今後の日中・東アジアの平和学について対話しましょう。

平和教育プロジェクト委員長:高部優子

平和教育プロジェクト委員会は、平和の問題について語り交わす場の提供しています。アニメやプリントなど授業で使える素材もHPで公開しています。学会以外でもワークショップをやりたい方は連絡をください。

第二期全国キャラバンWG主任:木戸衛一

世界大戦の記憶が薄れ、軍事化、貧困、差別など、暴力を肯定する風潮が強まっていま

す。しかし、暴力を振るわれてよい人間は、一人もいません。「平和を求めるなら、平和

に備えよ」に、全国キャラバンも力を尽くします。