戦争の記憶と国際刑事裁判:東京裁判が残したもの

ダウンロード
部会4 二村まどか「戦争の記憶と国際刑事裁判」.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 170.3 KB

日本平和学会2015年度春季研究大会

 

戦争の記憶と国際刑事裁判:東京裁判が残したもの

法政大学・二村まどか

 

はじめに

 現在の国際刑事裁判に期待される真実追求、紛争・戦争の記録作成、集団の記憶の醸成

 東京裁判はこの様な役割を果たしたのか

 

 

1. 国際刑事(戦争犯罪)裁判の役割

ニュルンベルク・東京裁判 =「戦争の最後の行いであり、平和の最初の行い」

戦争から平和への移行を助け、戦争(紛争)後の平和な社会の構築に貢献するとの期待

 

裁判はどのように平和構築に貢献する(と期待される)のか

    戦争の抑止、被害者救済、セラピー効果、集団責任追求の回避、和解、真実の追求と戦争(紛争)の記録、将来の修正主義に対抗できる集団の記憶の醸成etc

 

ニュルンベルク:裁判の教育的効果に対する評価(と是非)

 現在の国際刑事裁判:裁判を通した記録の作成と記憶の醸成の試み

 

Q. 日本人の戦争の記憶・理解における東京裁判の役割とは?

 

 

2.東京裁判と判決

1)東京裁判

1928年から1945年までの日本の政策の詳細な審理

判決:侵略戦争の計画・準備・開始、軍部による「平和に対する罪」の共同謀議、

戦争犯罪

 

*裁かれたものと裁かれなかったもの

 

2)当時の社会へのインパクト

① 審理の過程で明らかになった戦争と戦争犯罪の実態

国民に大きなインパクト、軍部指導者たちへの不信感、怒り

  

 

  ② 判決の提示した戦争像 

消極的な受け入れ(当時の国民意識と合致?)  

    ③ 集められた膨大な資料 のちの歴史研究へ貢献

  

 

3.「東京裁判史観」をめぐる論争

 1)東京裁判判決に対する反発(被告側弁論)

    日本の戦争の本質について

      判決国際法に反する侵略戦争  「欧米に対する自衛戦争/アジア解放戦争」

    日本の戦争犯罪につぃて 

      判決南京大虐殺と「20万人」の犠牲者  「東京裁判による『フィクション』」

    「勝者の裁き」に対する反発、判決の正当性への懐疑

事後法を用いた一方的裁判 →「判決は勝者による歴史的解釈」

 

2)1990年代の歴史観論争・教科書問題

   背景:冷戦と「昭和」の終わり  国内外で戦争責任を問い直す動き

        e.g. 河野談話、村山談話 + 日本国民の支持

      

 日本人の戦争に対する態度や意識は「自虐史観」によるという保守からの反発 

「日本は侵略戦争を実行し、残虐な戦争犯罪を行った」        

勝者によって東京裁判を通して押し付けられた歴史観=「東京裁判史観

    自由主義史観論争、歴史教科書論争と「つくる会」

      東京裁判は日本人の自虐的態度の源泉として批判される

    

ネオナショナリズムの台頭と国民の戦争観

 

 

4. 東京裁判の記録と記憶

   日本人の戦争観=「東京裁判史観」しかし

1) 東京裁判への無関心

    無知

・「詳しく知らない」(70%、朝日新聞20065月)

・実像とは異なるイメージ

 詳細を知ることで、東京裁判への反発が増すのではという懸念と期待

    シニシズム

 「勝者の裁き」 裁判の消極的受入れ→ 裁判の教育的効果の軽減

      パル判事の記憶―積年の不公平感

2)「タブー」としての東京裁判

   ・東京裁判の掘り下げ  1.国民全体の戦争責任、2.裁かれなかったものの再検証

・東京裁判と歴史観の密接  両者を分けて議論・評価することが困難 

→ 論争的・政治的テーマ、妥協点が探りにくい 

 

3)アンビバレントな教育的効果 

・反軍事主義、反戦思想の象徴

・外からの「戦後処理」(決着)→ 日本人自身の戦争責任検証の機会を奪う

自分たちで審判を下さないことの正当化と不満  

 日本人の戦争と戦争犯罪に対する理解を促進せず、長期的には負の教育効果?    

  ・東京裁判と歴史観論争           

 

 

おわりに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主要参考文献

粟屋憲太郎『東京裁判への道 上・下』(講談社、2006).

戸谷由麻「教材としての東京裁判――真珠湾とのつながりを中心に」矢口祐人、森茂岳雄、中山京子編『真珠湾を語る―歴史・記憶・教育』(東京大学出版、2011).

日暮吉延「東京裁判と日本の対応―『国家』と『個人』」軍事史学第44巻第3号.

二村まどか「東京裁判の社会的インパクト」田中利幸、ティム・マコーマック、ゲリー・シンプソン編著『再論東京裁判―何を裁き、何を裁かなかったのか』(大月書店、2013).

Lawrence Douglas, The Memory of Judgment: Making Law and History in the Trials of the Holocaust (Yale University Press, 2005).

Madoka Futamura, War Crimes Tribunals and Transitional Justice: The Tokyo Trial and the Nuremberg Legacy (Routledge, 2008).

Gerry J. Simpson, Law, War and Crime: War Crimes, Trials and the Reinvention of International Law (Polity, 2007).