坂本義和と永井陽之助 -戦後日本の国際政治学における「現実主義」の一側面

ダウンロード
6月25日公共性と平和分科会(弘田).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 82.8 KB

日本平和学会2016年度春季研究大会 報告レジュメ

 

2016年6月25日

公共性と平和分科会分科会報告

 

 

坂本義和と永井陽之助 ―戦後日本の国際政治学における「現実主義」の一側面(仮)

 

関西学院大学

法学研究科

弘田 忠史

 

 

1. はじめに

1.1 戦後外交論壇の「理想主義」と「現実主義」論争における坂本義和と永井陽之助

 

2. 政治学者としての原点

2.1. 冷戦の進展と多極化のなかで

2.2. 坂本義和

2.3. 永井陽之助

 

3. 「中立」という「現実主義」―坂本義和

3.1. 「中立日本の防衛構想」:中立論と国連警察軍という選択

 

4. 国際秩序という「平和」―永井陽之助

4.1. 『平和の代償』:安全と独立という二律背反のなかでの「拘束と選択」

 

5. 「権力政治」を見据えて

5.1. 共通性と相違