2018年度 春季研究大会 分科会

ダウンロード
(5月16日版)2018年度春季分科会プログラム.pdf
PDFファイル 204.8 KB

6月23日(土)12:00~14:00

 

① 「環境・平和」分科会

テーマ:人新世時代の惑星政治とは何か―気候変動問題を通した理論的諸前提の問い直し―

報 告:前田幸男(創価大学)

討 論:蓮井誠一郎(茨城大学)

司 会:鴫原敦子(仙台高専)

 

② 「難民・強制移動民研究」分科会

テーマ:移動のダイナミクスとプロセス

報 告:「アジールとしての四国遍路―移動の果ての対話と相互扶助の時空間」後藤一樹(慶應義塾大学文学部非常勤講師)

討論:小坂有資(成城大学大学院博士後期課程)

司会:小泉康一(大東文化大学)

 

③ 「非暴力」分科会

テーマ:現代日本における非暴力運動の実際と可能性

報告1:「平和構築におけるアンガーマネジメントの可能性」田部知江子(東京弁護士会・日本反核法律家協会理事・原爆症認定集団訴訟弁護団)

報告2:「文化的暴力への非暴力的抵抗:現代日本における『生の政治』の考察」田村あずみ(立命館大学国際地域研究所客員協力研究員)

司 会:藤田明史(立命館大学)

 

④ 「公共性と平和」分科会

テーマ:国際関係を変化させる「ダイナミズム」の再考

報告1:「プラグマティズムによる平和? ―中国・西独「ベルン会談」の意義の再考―」

邵天澤(京都大学大学院、日本学術振興会特別研究員)

報告2:「地域紛争における「ブーメラン効果」の発揮要因の分析」清嶋友喜(立命館大学大学院)

討論1:宮脇昇(立命館大学)

討論2:中内政貴(大阪大学)

司 会:玉井良尚(京都府立大学講師、京都学園大学講師)

 

⑤ 「ジェノサイド研究」分科会

テーマ:ホロコーストを再考する

報 告:「第二次世界大戦におけるリトアニアの対独協力およびユダヤ人虐殺とその記憶」重松尚

司 会:石田勇治(東京大学)

 

⑥ 「戦争と空爆問題」分科会

テーマ:日本の対中爆撃と中国の防空態勢

報告1:「日中戦争における海軍の都市爆撃」笠原十九司(都留文科大学名誉教授) 

報告2:「最近の中国における防空研究」石島紀之(フェリス女学院大学名誉教授)

討 論:前田哲男(ジャーナリスト)

司 会:伊香俊哉(都留分科大学)

 

 

6月24日(日)12:00~14:00

 

⑦ 「植民地主義と平和」分科会

テーマ:明治150年」と朝鮮の150年―「戦争」と植民地支配の視点から

報 告:愼蒼宇(法政大学)

討 論:検討中

司 会:藤岡美恵子(法政大学)

 

⑧ 「軍縮・安全保障」分科会

テーマ:核をめぐるコミットメント

報 告:「核をめぐるコミットメントの不整合(仮)」石田淳(東京大学)

討 論:高原孝生(明治学院大学)、黒崎輝(福島大学)

司 会:福島崇宏(中部大学)

 

⑨ 合同開催「平和教育」分科会、「平和と芸術」分科会

テーマ:平和教育への多彩なアプローチをさぐる

報告1:「平和教育における『沖縄』(仮)」前嵩西一馬(元早稲田大学琉球・沖縄研究所)

報告2:「原爆体験の継承―ラジオ番組での取り組み―」松永幸子(東京女子医科大学)

報告3:「音楽が果たす平和への役割:アフガニスタン、そしてヒロシマからウガンダまで」漆戸啓(ポップスデュオ カズン)

司 会:田中勝(京都造形芸術大学・文明哲学研究所)

 

⑩ 「平和文化」分科会

テーマ:ユーラシアの政治と信仰をめぐる諸問題研究ネットワークの構築

報告1:「政治と信仰―〈日中国交正常化提言〉をめぐって(仮)」王盈(上海社会科学院宗教研究所)

報告2:「〈情報の終焉〉状況における〈ホモ・デウス〉(仮)」鈴木規夫(愛知大学)

討 論:交渉中

司 会:渡辺守雄(筑紫女学園大学)

 

⑪ 「グローバルヒバクシャ」分科会

テーマ 核兵器禁止条約とヒバクシャ―「被害者に対する援助」と「国際協力」に着目して

報 告: 「広島・長崎原爆にみる被害者に対する援助措置―戦後補償体系と原爆症認定集団訴訟を見据えて」内藤雅義(弁護士、日本反核法律家協会理事)

司 会:楊小平(広島大学)