『平和研究』51号(2019年1月発行予定)「憲法と平和」特集(編集担当:青井未帆・河上暁弘)

<主旨文>

 日本の平和研究にとって日本国憲法は特別な位置を占める。大日本帝国の国家的破産の後に獲得された日本国憲法は、戦後日本の内政外交の基本原理として、また暴力克服のための重要な道具として、日本の民衆によって内面化・実現されてきた。また、日本国憲法の平和主義は、核時代の世界秩序について、独自の問題提起をしている。他方で、戦後世界秩序において、日本国憲法の平和主義を「後退」「無力化」させようとする力(forces)は大きいものがあり、現在、「内面化・実現」の力と「後退・無力化」の力の葛藤は重要な局面を迎えている。この時期において、日本の平和研究者は、どのように応答・介入すべきなのか。葛藤の主要な論点というべき、実力組織の統制、核時代における憲法、性暴力と憲法、新自由主義と憲法、植民地主義と憲法等々について考察を深め、日本の平和研究者としての応答責任を果たしたい。

 

<投稿呼びかけ文>

 上記の主旨文に即して、「憲法と平和」をめぐる自由なテーマ設定での投稿論文を募集します。「憲法と平和」に関する新たな問題提起、論点提起も歓迎いたします。また、このテーマに直接関係するわけではない自由投稿も受け付けます。会員のみなさまの積極的な投稿を期待いたします。

 

2018年2月1日

『平和研究』編集委員会

 

投稿書式: 

完成原稿提出の際に確認されるべき投稿書式については、「日本平和学会『平和研究』投稿論文執筆要領」に準拠ください。字数上限は1万6000字です。 

http://www.psaj.org/%E5%88%8A%E8%A1%8C%E7%89%A9/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6/%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%A6%8F%E7%A8%8B-%E5%9F%B7%E7%AD%86%E8%A6%81%E9%A0%98/ 

 

投稿の申し込み締切:2018年3月31日(日)

 

投稿申込み方法: 

(1)論文仮題、(2)要約(1500字程度)、(3)希望する投稿枠(「特集」あるいは「自由投稿」)、(4)住所・携帯電話番号・メールアドレスを、下記の応募先までe-mailにてお送りください。なお、申込みの際には、受領の確認メールを返信いたしますので、万一、一週間以内に返信ない場合、再度ご連絡ください。 

 

応募先:

『平和研究』51号編集担当者:青井未帆(学習院大学)、河上暁弘(広島市立大学)

heiwatoukou(a)gmail.com

 

投稿完成原稿提出締切:2018年6月30日(土)