2022年 春季研究集会 分科会プログラム

  2022年6月18日(土)12:00-14:00

 

①憲法と平和分科会 (憲法プロジェクト委員会との共催) (ハイブリッド開催)

テーマ「国会における憲法改正論議の現段階」

報告:山花郁夫氏(前衆議院議員、立憲民主党) 

  「国会における憲法改正論議の現段階」(仮)

報告:飯島滋明氏(名古屋学院大学)

  「憲法学からみた憲法審査会での改憲論議」(仮)

司会・討論:君島東彦(立命館大学)

 

②植民地と平和分科会(オンラインのみの開催)

テーマ:ニューカレドニア独立投票の最新動向と脱植民地化の展望

報告:佐藤幸男(富山大学・早稲田大学平和学研究所)

  「フランス植民地主義のいま(現在):ニューカレドニア・レファレンダムからアイヌ・沖縄・台湾を展望する」

討論:勝俣誠(明治学院大学)

司会:藤岡美恵子(法政大学)

 

③軍縮・安全保障分科会(ハイブリッド開催)

テーマ:「安全保障概念を問い直す(Ⅱ)」

報告:上野友也(岐阜大学)

  『膨張する安全保障』(明石書店、2021年)書評会

討論:遠藤誠治(成蹊大学)

討論:清水奈名子(宇都宮大学)

司会:中村長史(東京大学)

 

④環境・平和分科会(ハイブリッド開催)

テーマ:パブリック・ヒストリーとヴァナキュラー(仮)

報告:笠井賢紀(慶應義塾大学)

  「北海道開拓者とファミリーヒストリー」(仮)

報告:内尾太一(麗澤大学)

  「西日本豪雨の被災地の復興過程とパブリックヒストリー」(仮)

報告:松本章伸(日本学術振興会特別研究員)

  「占領期沖縄の「親子ラジオ」における放送政策」(仮)

討論:塩原良和(慶應義塾大学)

司会:鴫原敦子(東北大学)

 

⑤ジェンダーと平和分科会(ハイブリッド開催)

テーマ:アフガニスタンにおけるジェンダー平等の行方

報告:清末愛砂

  「社会変革の手段としての知と教育へのこだわりーRAWAの闘いに注目して」

討論:森田豊子(鹿児島大学)

司会:和田賢治(武蔵野学院大学)

 

⑥平和文化分科会(ハイブリッド開催)

テーマ:日中関係百年の思想的文脈(仮)

報告:何金凱(愛知大学大学院)

  「李大釗とアジア主義」(仮)

報告:徐 青(浙江理工大学外国語学院)

  「幸徳秋水と梁漱溟」(仮)

討論:臧 志軍(復旦大学)、王盈(上海社会科学院宗教研究所)

司会:渡辺守雄(筑紫女学園大学)

 

⑦グローバルヒバクシャ分科会(オンラインのみの開催)

テーマ:Living in a Nuclear World

報告:佐藤恭子(スタンフォード大学)

討論:ノーマ・フィールド(シカゴ大学)

司会:高橋博子

 

⑧平和と芸術分科会(ハイブリッド開催)

テーマ:Dance for Peace: La Danse du Détour 廻り道のダンス in Minamata

報告・ワークショップ:フィリップ・シェエール(舞踏家・振付家)「今日という日、その瞬間の自らの動きをみつける。」

報告:亀山ののこ(写真家)

  「その時、水俣に吹いた風 - ファインダーを通して」

報告:原田利恵(国立水俣病総合研究センター)

  「水俣病、アート、コンテンポラリーダンス - 廻り道のダンス in Minamata で発見したこと」

討論:石原明子(熊本大学)

ファシリテーション:笠井綾 (宮崎国際大学)、湯浅正恵(広島市立大学)

 

 

6月19日(日)12:00-14:00

 

⑨平和教育分科会(オンラインのみの開催)

テーマ:平和教育と軍縮教育
報告:畠山澄子(ピースボート)

  「実践からさぐる軍縮教育:ピースボートの方法論」(仮)
討論:交渉中
司会:杉田明宏

 

⑩戦争と空爆問題分科会(オンラインのみの開催)

テーマ:第2次大戦期アメリカの爆撃をめぐる新視角
報告:工藤洋三

  「成都からの空襲―漢口空襲」
討論:前田哲男(ジャーナリスト)(予定)

司会:伊香俊哉(都留文科大学)

 

⑪琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和分科会(オンラインのみの開催)

テーマ:「先祖の遺骨返還運動にみる先住民族の権利回復過程の比較的検討」

報告:上村英明(恵泉女学園大学)

  「アイヌ民族の遺骨返還運動」(仮題)

報告:永井文也(恵泉女学園大学)

  「カナダ先住民族の土地権と遺骨返還権」(仮題)

報告:松島泰勝(龍谷大学)

  「琉球民族遺骨返還請求訴訟の歴史的意味と今後の方向性」

司会・コーディネーター:仲村涼子(ニライ・カナイぬ会)