『平和研究』

オンライン・ジャーナル形式(J-Stage上で公開しています)...
作品概要 グローバル化が進み、多種多様な国民国家がみられる今日。しかし、その理念と現実の乖離は甚だしい。「国民」の創出において、先住民や少数民族を抑圧してきた歴史や、尽きることのない移民・難民問題。「再国民化」では、排外主義的な言説や暴力を伴うことも少なくない。本号では、「国民」であることと平和の享受との関係の問い直しを迫る。...
作品概要 巻頭言 平和研究と「沖縄問題」 ―三たび平和と自立について  小松 寛 ●依頼論文 1 日本の政治の根幹をなす沖縄への暴力   ―国際人権法に基づく人権と自己決定権の沖縄からの訴え  島袋 純 2 琉球/沖縄差別の根底にあるものは何か   ―憲法の視点を交えて  髙良沙哉 3 沖縄をめぐる依存/自立の議論を再設定するための歴史的文脈...
作品概要 巻頭言 国境を越える人びと(孫占坤) ●依頼論文 1 インド・アッサム州における人の移動と人権保障  ―全国市民登録簿(NRC)更新問題を中心に(木村真希子) 2 先住民族の国境を越えた連帯  ―2005年北欧サーミ条約案の意義と直面する困難性(小坂田裕子) 3 カナダ・トロント市の聖域政策(藤本晃嗣) ●投稿論文 4...
作品概要 巻頭言 いのちの胎動をとらえる学び  阿知良洋平 ●依頼論文 1 米国の核言説と被ばくの不可視化   核大国とはヒバク国  田井中雅人 2 ヘイトスピーチをめぐり対話を深める日本・在日・韓国の高校生   地域に根差した平和学習交流20年  小田切督剛 3 体験的沖縄戦後史   生徒共に占領下の理不尽に抗したころ  平良宗潤 ●特  集...
作品概要 巻頭言 聴く、奏でる、平和の音   佐藤壮広 ●依頼論文 1 PLUR:カントの「思想」とEDM   田中公一朗 2 平和と音     現代音楽からの若干の示唆   長谷川貴陽史 3 「ボブ・ディランという音」と平和学   ポール・ウィリアムズのディラン論を中心に   芝崎厚士 ●投稿論文 4 吐き気を生きること...
作品概要 巻頭言 平和研究は憲法をどのようにとらえるか   君島東彦 ●依頼論文 1 核なき世界への道   量子力学と西田哲学が指し示す未来   内藤酬 2 憲法と核・原子力   河上暁弘 3 平和主義と日本国憲法24条   なぜ,「家族保護」論は,「平和主義」に敵対するのか?   若尾典子 4 憲法理念からのネイション意識の再構築   暉峻僚三...
作品概要 巻頭言 信仰と平和  〈宗教〉通念を越えて/あるいは〈情報の終焉〉における〈ホモ・デウス〉       鈴木規夫/渡辺守雄/臼杵 陽 1 座談会「信仰と平和をめぐって」       板垣雄三/グレン・フック/武者小路公秀、司会:鈴木則夫 2 インタビュー「3・11以降の信仰と平和をめぐって:島薗進教授に聞く」   ...
作品概要 巻頭言 科学技術を暴力と平和の視点から考えるために   戸田清/湯浅正恵 ●依頼論文 1「ミサイル防衛」の幻想と危険   「核と宇宙の時代」の軍学共同への疑問   藤岡惇 2 バイオ技術と環境・健康・企業支配   戸田清/天笠啓祐 3 非人道的兵器としての劣化ウラン弾    戦争と放射線被曝をめぐる生-政治   嘉指信雄...
作品概要 巻頭言 日本における脱植民地化の論理と平和学   その関係性の整理と問題提起   上村英明/藤岡美恵子 ●依頼論文 1 植民政策から平和学へ   日本平和研究の当面する脱植民地課題   西川潤 2 人権/国際法の系譜学   脱植民地化の視座   阿部浩己 3 戦後和解と植民地後和解のギャップ...

さらに表示する