1973年に設立された日本平和学会は、日本社会と国際社会の軍事化、様々な暴力を科学的・批判的にとらえて、それらの克服をめざす研究活動をしてきました。多義的・論争的にならざるをえない平和の概念を絶えずとらえ直して、人間の尊厳を基本的な価値として、平和実現の条件を探り続けています。


2021年度春季研究大会

Spring Conference

2021年5月29日・30日(オンライン開催)

終了しました 

全体プログラム分科会プログラム

 

 

2021年度秋季研究集会

Autumn Conference

2021年11月6日・7日

岐阜大学

(報告募集は締め切りました)

 



学会誌『平和研究』を発行しています。

最新号:第54号「『沖縄問題』の本質」

詳しくはこちら

会員による投稿原稿を募集しています。

自由投稿(随時募集)

(特集投稿は締め切りました)

様々な平和問題について、本学会の会員が専門家の立場から解説します。

 

平和フォーラム 

 ◆今、学問の自由・言論の自由を問う

    ◆コロナ危機に立ち向かう

 ◆憲法と平和

 ◆集団的自衛権と平和

 ◆平和への権利の現在

 ◆安倍政権の「積極的平和主義」と

  特定秘密保護法に対して 

   ◆東アジアの平和をつくるために

 

安保法制 100の論点

 

声明

日本学術会議会員任命拒否に関する緊急声明



       授業に役立つ平和学

学会員の講義シラバスです。

研究大会・集会で行われたワークショップ

を、授業で使いやすいようにまとめました。無料アニメやワークシートもダウンロード

できます(平和教育プロジェクト委員会)。

会員専用の「マイページ」や会費納入、メルマガ配信などはこちらをご覧ください。



本学会は、

国際平和研究学会(IPRA)

の団体会員であり、

アジア太平洋平和研究学会(APPRA)

に参加しています。

第1期全国キャラバン

「平和の再定義」

 

第2期全国キャラバン

「社会構想としての憲法」

更新情報


2021.6.1 運用方針を改定しました。