『平和研究』第56号以降(オンラインジャーナル化以降)の投稿募集について

日本平和学会では、2021年度から学会誌『平和研究』をオンラインジャーナルとして刊行することを2019年11月の理事会・総会において決定いたしました。今後は、下記の要領で会員からの投稿原稿を随時募集いたします。投稿された原稿は査読のうえ、編集委員会が最終的な掲載の可否を決定いたします。 

 

1 投稿資格

投稿資格を有するのは、平和学会の会員、もしくは投稿申込以前に入会申込書が平和学会事務局に受理されている方です。なお会員に広く執筆機会を提供するために、投稿を希望する号より前の3号に原稿が掲載されている会員については、投稿資格は認められません。

 

2 原稿の種類

投稿原稿の種類には、平和研究に関する研究論文、研究ノート、書評論文の3種類があります。詳細については執筆要領をご確認ください。応募された投稿原稿が多数となった場合には、研究論文の掲載を研究ノート、書評論文より優先することがあります。また研究論文として投稿された場合であっても、査読の結果、研究ノートとして掲載を認める場合があります。なお、投稿原稿は未発表のものでなければならず、同一の原稿を学会誌以外に同時に投稿することはできません。平和学会の研究大会・集会時に提出をしたフルペーパーは、未発表原稿として扱います。

 

3 投稿申込受付期間

テーマを著者が設定する自由投稿原稿については、随時受け付けます。特集テーマに関する原稿募集は、募集時期を限定して別途ホームページ上にて告知します。

 

4 投稿申込

原稿を投稿する2ヶ月前までに、投稿原稿の要旨と執筆者情報を所定の書式(書式1書式2)で提出してください。申し込み後3ヶ月を過ぎて原稿提出が行われない場合には、当該申込は無効となりますのでご注意ください。

 

5 原稿の投稿

投稿に際しては、刊行・編集規程投稿規程執筆要領 を確認のうえ、これらの規定に則って原稿の執筆と投稿を行ってください。これらの規定に定められた要件を満たしていない原稿は受け付けることができませんので、ご注意ください。

 

6 投稿申込・原稿送付の連絡先

メールで下記のアドレス宛にご連絡ください。

psaj24journal(a)gmail.com  ((a)は@におきかえてください)

第24期編集委員会 清水奈名子宛

メール送信後1週間以内に受信確認の返信がない場合には、再度ご連絡ください。 

 

7 査読結果の通知

原則として投稿後3カ月以内に査読結果を通知します。

 

8 オンラインジャーナルへの掲載

完成した原稿からオンライン上で逐次刊行となります(完成原稿から先行公開されます)。 原則として掲載可となった原稿は、投稿から1年以内の刊行を予定しています。