第53号:国境を越える人びと(2020年5月刊)

作品概要

 

巻頭言

巻頭言 国境を越える人びと(孫占坤)

 

●依頼論文

1 インド・アッサム州における人の移動と人権保障

 ―全国市民登録簿(NRC)更新問題を中心に(木村真希子)

2 先住民族の国境を越えた連帯

 ―2005年北欧サーミ条約案の意義と直面する困難性(小坂田裕子)

3 カナダ・トロント市の聖域政策(藤本晃嗣)

 

●投稿論文

4 対人地雷・クラスター爆弾禁止条約の非原加盟国に対する影響の考察

 ―人道規範は軍事安全保障の論理を越えたのか

(瀬戸達也・藤田泰昌)

5 民主化支援の今日的課題

 ー市民社会スペースの制約の問題を中心に(杉浦功一)

6 セミパラチンスク地区に居住する子どもとその保護者の

 核実験に対する認識について(平林今日子)

 

●書  評

 法と力の二律背反を超えて福島涼史

西平等著『法と力──戦間期国際秩序思想の系譜』名古屋大学出版会,2018年

 

日本平和学会の研究会活動  日本平和学会事務局

 

SUMMARY

編集後記

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第23期役員

日本平和学会会則